ビジョンと目的

Sedexのビジョンは、「世界中の組織が人々の生活の質を改善させるよう、働きかけること」です。

今日、SedexとSedex会員組織は、世界の3,300万人の生活の質の向上に貢献しています。

私たちは、サプライチェーンで働くすべての人が、平等で、安全な職場で、自分と家族を支える手段を持ち、贈収賄や汚職なく、将来の世代のために環境を損なわない持続可能な方法で働くことができるべきだと考えています。

 

このビジョンを達成するために、私たちの目的は、組織と協力してグローバルサプライチェーンにおけるリスクを管理し、

「責任あるビジネス」を推進するための最も信頼できる効率的な情報、ツールおよびサービスを提供することです。

私たちは、持続可能、かつ倫理的な方法で、人々・環境・ビジネスを保護するための革新的なソリューションを提供します。

 

Sedexが目指していること:

  • コラボレーションと情報収集・共有を通じて、「責任ある調達」を可能にする。
  • 使いやすいツールとサービスを通じて、サプライチェーンの透明化をより簡単に。
  • リスクを積極的に特定・管理することにより、人・環境・ビジネスを守る。
  • 技術的ソリューションを通じて、持続可能で「責任あるビジネス」の実現をサポートする。

 

Sedex 2025年の 戦略

2025年までに1億5,000万人の人々の生活の質の向上を目指し、私たちは2020年から「5カ年戦略」に取り組んでいます。

この目標を達成するための主な取り組みとして、現在、新プラットフォームを構築中です。

労働者の生活に良い影響を与えるため、私たちは企業や組織が、国連指導原則(UNGP)に沿い、ETIベースコード(Ethical Trading Initiative Base Code)国際労働機関(ILO)の条約の要求を満たすことができるよう、社会における変革を推進します。

 

人々の生活の質の向上を達成するために、Sedexが注力している4つの領域:
・サプライチェーン全体における男女平等の推進
・強制労働の検出と是正
・持続可能な生活の構築
・労働者代表の立ち上げと、その機能の有効化