弊社のサービスについて

 

Sedexの主要サービスは、サプライチェーンにおける

①サプライヤー情報の共有と

②人権や環境などの社会的な潜在リスクに関する評価・分析が可能な

ウェブプラットフォーム/ツールの提供です。

 

プラットフォーム上の詳細ツールはこちら:

 

  • Sedex Advance(セデックス アドバンス)

基本のプラットフォーム。

登録情報((1)基本プロフィール情報、(2)SAQ(自己評価アンケート)、(3)監査結果と是正内容))を管理・編集し、

複数のSedexバイヤー会員に情報共有できるプラットフォーム

※現在、Sedex Advanceに代わる新プラットフォームを構築中です。

 

  • Member Directory(セデックス メンバーディレクトリー)(英語)

Sedexサプライヤー会員名簿 / 検索ツール。

サプライヤーはオプトイン(=自社の名前を名簿に掲載すること)はできるが、他社情報の閲覧はできない。

 

  • Analytics(アナリティクス)(英語)

サプライチェーンのリスクデータ閲覧ツール。

 

  • Radar(レーダー)(英語)

バイヤー会員のみ利用可能。サプライチェーン(自社サプライヤー)のリスク分析ツール。

 

  • Sedex e-Learning(セデックス イーラーニング)(英語)

Sedex Advanceの利用方法や、「責任あるビジネス」に関連する情報にアクセスできるツール。

 

SMETA監査

社会的倫理監査*の基準のひとつである、SMETA監査の基準は、

Sedexの会員企業や関連する監査機関、外部専門家からなるSedex関係者フォーラム (SSF)により策定されています。

Sedexはあくまでも基準のオーナーであり、実際の監査は関連監査機関によって実施されます。

※日本ではCSR監査、サプライヤー監査とも呼ばれ、監査員が実際に工場や事業所を訪れ、企業の労働や環境基準に対する順守状況を評価・検証するために行われる監査です。

SMETA監査に関する詳細はこちらから

 

 

Sedexが行っていないこと

  • 会員に遵守を求める方針や基準の策定
  • 社会的倫理監査の実施
  • 認証書の発行