“責任ある調達”のキードライバー

“責任ある調達”とは、自社の製品やサービスがどこから来ているのかを認識し、事業活動が人々や環境に悪影響を与えないようすることです。これは、サプライチェーンの各段階において、製品やサービスを倫理的かつ持続可能な方法で調達することを意味します。

グローバルでは“責任ある調達”の広がりと成長を促進する要因がいくつかあります:

消費者と投資家の需要

昨今、消費者や投資家の間では倫理的で持続可能な商品やサービスへの意識が向上しており、それに伴ってそのような商品やサービス投資する可能性も高まっています。

環境・社会・ガバナンス(ESG)のデータを報告できている企業は、ブランドの信頼を築き、新たな顧客を獲得するチャンスがああります。市場調査を行っているNielsen(ニールセン)の調査によると、全世界の回答者の81%が企業は環境改善に貢献すべきだと強く感じていることが明らかになりました。

法規制の策定

倫理的な貿易に関する新しい法律は、世界中で絶えず導入されています。最近では、

  • -The UK’s Modern Slavery Act 2015 – 英国現代奴隷法 2015
  • -Australia’s Modern Slavery Act 2018 (NSW) – オーストラリア現代奴隷法 2018(NSW)
  • -The Netherlands’ Child Labour Due Diligence Law 2020 – オランダの児童労働デューデリジェンス法 2020

が策定され、これらの国で事業を展開する企業のあり方が変わってきています。このような働きに対応している企業は、グローバルサプライチェーンを通じて世界中の倫理的・社会的な基準を向上させています。

温暖化と気候変動

企業はサプライチェーンにおいて、倫理的・社会的要因に加えて、環境や地球規模の生態系に配慮する責任を負っています。気候変動はすでに世界中の人々に影響を与えており、特に地球南部の脆弱な移民労働者にますます悪影響を与えています。企業は、製品のライフサイクル全体に責任を持ち、生産過程における労働者の権利を保護する必要があります。

Sedex は、これらの複雑な課題を克服するために企業を支援しています。テクノロジーを使用することで、企業は情報を迅速かつ効率的に共有し、リソースに優先順位をつけ、影響がもたらされる場所でアクションを起こすことが可能になります。大規模で複雑なグローバルサプライチェーン全体を通じて、透明性を可能にし、促進します。